手賀沼土地改良区の円筒分水

2009年4月26日

全景

場所:千葉県柏市柳戸
建造年:1965 年
管理者:千葉県東葛飾農林振興センター手賀沼土地改良区

円筒分水は水を公平に分配するための施設です。詳しい説明は Wikipwdia -> 円筒分水、および ozavski さんの ozavski-web を参照してください。オレが興味を持ったのは DPZ@nifty の記事「円筒分水とかっこいい水路」がきっかけです。

上記の ozavski さんのサイトを見ると千葉県にはそこそこな数の円筒分水があることがわかります。「これを見ない手はない!」ということで県内の円筒分水を回ってみることにしました。第一号はうちから一番近い「手賀沼土地改良区の円筒分水」。手賀の丘公園には何度も行ったことあるのに、すぐ近くにこんなおもしろい施設があることに全然気づかなかった。

あぶない

分水施設は水場なので、とりあえず立ち入り禁止だ。管理者は千葉県東葛飾農林振興センター手賀沼土地改良区。農林振興センターのサイトには分水の仕組みがよくわかる、水が抜かれた状態の円筒分水の写真が掲載されているページがあるので参照

湧出部

水の湧出部。この円筒分水では手賀沼から高台のこの場所に水をポンプで組み上下げて、ここで分水されています。Youtube で水が湧き出る動画をどうぞ(次からはビデオカメラを持って行こう)。

手賀沼土地改良区の円筒分水へのアプローチ

地図のマーカー、丸い水色が円筒分水です。丸いです。

主要な道路からの道順は柏市の国道 16 号 大島田交差点を北へ、県道8号へはいり、大島田柏戸交差点を東に県道 282 号へはいって道なり、手賀の丘公園を目指します。もちろん、付近に自動車を停める場所はないので、車の場合は 1. のファミマに泊めるのがよいでしょう。(オレはバイクで行った)

1.

JA 東葛ふたばの建物と倉庫の間の信号のある交差点を北に曲がります。この道路は見落としてしまうくらい細いです。まんなかの写真の両側がそれぞれの建物です。大島田柏戸交差点方向からきた場合は、いっこ向こうの信号、ファミマのある「手賀の丘公園入り口」までいくと行き過ぎ。(画像はクリックすると大きくなります)

2.

次の分岐点はこの建物が目印。建物(近所のひとは「鉄工所」と言っていた)わきのさらに細い道、写真の赤い矢印の方向にはいっていきます。左にあるのがオレのバイク。

3.

建物の横に駐車場のような広いスペースがありますが、そこではありません。そのスペースと木立を挟んで車一台止められる程度の広さの場所が道沿いにあります。最終アプローチはそこです。オレが行ったときは林の向こうに金網のフェンスが見えたけど、木が茂るとどうかなぁ。矢印の場所が踏み固められてひとが通った痕跡になっています。わかりにくいですが心の目で発見してください。

4.

こういう感じで、林の中に忽然と現れます。付近では「分水場」と呼ばれているようなので、場所をたずねる場合はそのように。